D.I.Y.好きなサッカージャンキーによる、音楽から哲学まで思いついたことを何でもありで書きなぐる適当ブログ

Don't feel, Just think
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

【ロシア2018-7日目】第2節開幕!!

更新日:2018.06.21 | 公開日:2018.06.21

すごいね。
毎日サッカーがやってるよ・・・!!
疲れるけど、こんな幸せ、ないよね!!!
眠い!!眠すぎる!!

ポルトガル 1-0 モロッコ(グループB 第2/3節)

もう、ロナウドがエグすぎて笑える。
スアレスやズラタンとか、THE ストライカーの人たちって、ヘディング決める時も目開けたまんまなんね。最後までコース目で追ってる。格好良すぎるだろう。
しかし、モロッコも強い。毎度当たり前なことなんだけど、さすがワールドカップ本戦まで残るチームは、ちゃんと強いね。
しかし、次の点がなかなか入らず、結局切迫した試合になりました。そりゃモロッコからしたら、後が無いわけだから当然だけども。
ただ、スペイン、ポルトガルには残ってもらわないと困る・・・!!
とりあえず、良かった!!

ウルグアイ 1-0 サウジアラビア(グループA 第2/3節)

スアレス復活!!良かったー。。
これで、ロシアとウルグアイは、本戦出場決定。エジプト残念だったけど。。
ただ、サウジ、このチームが5点も取られるなんて、ロシア、本物か・・・ホームアドバンテージの効果なのか・・・。

ウルグアイの選手が育つ環境

松原良香さんが言っていた、ウルグアイの選手が何故屈強に育つのかの話。
ウルグアイはやはり貧困よりの家庭が多く、サッカーするにも、ピッチ状況がボコボコで悪い。
だから、DFは一番凸凹な中盤を避けるために、ロングフィードが必要になる。それで養われたのがあのゴディンのフィールディング能力。
ストライカーは、そのフィードを確実にゴールに入れなくてはならないから、相手に競り勝つ屈強な肉体と、どんなピッチのどんな体勢からでも打てるように、カバーニやスアレスみたいなストライカーが育つ。
中盤は中盤で、セカンドボールを確実にマイボールにできるよう、テクニカルな選手が育つ。
なるほど。もちろん、この状況はウルグアイだけではないと思うんだけど、だから南米のチームは、屈強な選手が多いんだなぁ。
貧しい国では、ボールもない時に、靴下だのマンゴーだのをボール代わりに遊ぶから、テクニックが上達する。
それを、自分たちらしさだと『ジンガ』の精神を作り出したのが、ブラジル。
マネも、ヨーロッパのスカウトに目をかけられた時、スパイクを買うお金がなかったから、サンダルでサッカーをしてたそう。。
もう、サッカーって、色んな歴史をはらんでいるよね。色々考えさせられるし、だからこそ、本気で熱くなれる。

たまらんっす!!

 

イラン 0-1 スペイン(グループB 第2/3節)

とりあえず、良かった・・・
ゴリ!!おめでと!!
しかし、モロッコ同様、イランもくらいついてたなぁ・・危なかった・・
スペインサッカーが一番見慣れてるから、メンツ的にも最強なんじゃないかって思うけど、そう簡単には勝てないのね。そりゃそうね。

さぁ、続いては、アルゼンチン・・・

今回優勝できなかったら、代表は引退する。
これ以上、アルゼンチンのみんなの期待を裏切りたくない。

メッシ、そんな悲しいことを言わないで・・・
でも、大丈夫。大丈夫だからね、メッシ!!
世界中が、あなたを応援してるよ!!!!!

1 Star 0
読み込み中...