D.I.Y.好きなサッカージャンキーによる、音楽から哲学まで思いついたことを何でもありで書きなぐる適当ブログ

Don't feel, Just think
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

【ロシア2018-16日目】ベスト16①

更新日:2018.07.01 | 公開日:2018.07.01

フランス 4-3 アルゼンチン

1日時間が経って、ようやく落ち着いてきた。
一つ自分に言い聞かせなくちゃいけないのが、これでメッシの終わりが確定したわけじゃないってこと。
メッシは、まだまだ必要。世界にとっても、アルゼンチンにとっても。
次は、彼の決断について信じるしかない。

アルゼンチンは、よくやった。
決して、完璧に強いチームじゃなかったけど、メルカドも、オタメンディ―も、ロホも、バネガも、ディマリアも、クンちゃんも、そしてメッシも、よくやってくれた。
マスチェも、衰えはあれど、らしく頼りになるプレーは沢山あった。
キーパー・・・
ロメロ、何故、ここに来ての怪我なのだ・・・

ただ、正直に言えば、優勝できるチームとは言い難かった。
そうなれば、やはり、メッシ頼みになってしまう。
フランスには、メッシが最もやりにくいマッチアップだと認めた、カンテがいる。
ワールドカップは、一人の力で勝てるような、戦いじゃないんだ。
それは、痛感した。
サラー、マネ、レバンドフスキ、ナバス、ノイヤー、ロナウド、
そして、メッシ。

フランスは、べらぼうに強かった。
グリーズマンに、ムバッペ、ポグバがいて、カンテがいて、リュカに、ヴァランに、ウムティーに、ロリス、
んで、「誰やねん」って思ってたパバールが、ゴラッソ。
バランスが、良すぎる。
「カンテさえいれば・・・」「グリーズマンさえいれば・・・」的な存在が、ここに揃ってる。
ムバッペ、確かにこいつの成長速度には目を見張るものがある。
1年前より、確実にできることが増えまくってる。度胸もある。
でもさ・・・メッシはもっと別次元なんだ・・・!!!なんて、
・・・やめよう。

クンちゃんが決めた3点目が、忘れられない記憶になりそうです。

フランス、おめでとう。
アルゼンチン、お疲れ様。

 

ウルグアイ 2-1 ポルトガル

ちょっとおかしなテンションで見てしまったけど、
やっぱ、ウルグアイ、強い。
カバーニ・スアレスはノリノリ継続中だし、
ヒメネスも帰ってきた。
ヒメネスに安心感を覚える日が来るとは・・・成長したね。
そして、ゴディン先生。

正直、アルゼンチン-ポルトガルが見れないなら、ウルグアイに抜けてほしかった。
だから、嬉しいと言えば嬉しいけど、見てる時は、もう、何の感情も残ってなかったからなぁ・・・

 

次節:フランス – ウルグアイ

正直、ウルグアイに、勝ってほしい。

来季のさ、リーガで、
思う存分、やりあってくれないかな、ロナウド、メッシ・・・
今は、お互い何も考えられないだろうけど・・・

あたしも正直、何考えたら良いのか、わからない。
とりあえず、元のセレソンファンに戻って、ネイマールの笑顔に癒されたら良いな・・・
今は、まだ、

無。

1 Star 0
読み込み中...