D.I.Y.好きなサッカージャンキーによる、音楽から哲学まで思いついたことを何でもありで書きなぐる適当ブログ

Don't feel, Just think
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

Tシャツヤーンで玄関マットをハンドメイド☆【かぎ針編み】

更新日:2018.07.28 | 公開日:2018.07.28

※最後に失敗談も載せてます…(・・*)ゞ

まずは、完成品がこちら☆

玄関マットをハンドメイドで!

わたし、1年の4分の3は下駄で出かけるので、特に雨の日なんて、帰宅時に玄関マットが必須なんです…(・・*)ゞ
が、引っ越しの際にボロボロだった以前のマットを捨ててしまい、
家から帰ると雑巾で足の裏を拭く、という、散歩帰りの犬のような日々…💦

ずっと探してたのですが、なかなか条件に合うものがなくて…玄関マットをDIYすることを決意!
大事な条件は、洗えること。
なので、糸にはTシャツヤーンを選びました。

試行錯誤すること、3代目…
ようやく気に入ったマットができたので、作り方をご紹介します☆

Hoooked Zpagetti

用意したのは、

  • Hooked Zpagetti(フックドゥ ズパゲッティ)120m巻 1玉
  • かぎ針 ジャンボ12mm

近所の手芸屋さんで買ったのですが、手芸屋のおいちゃん曰く、
「ズパゲッティは、入荷の際に柄指定ができないから、どのがらがいつ入るか、わからない。気に入ったのがあったら、その場でまとめ買いしておけ!」
とのこと。
本当かなぁー、とちょっと疑いを持ってはいますが、確かに柄の移り変わりは早そう。

ズパゲッティ、柄によって手触りもかなり変わります。
今回わたしが使ったものは、かなり固めな手触りで、ノリの効いた浴衣に近い感じかな?100均とかで売ってるような柔らかさはありません。
ネットでもたくさん売ってますが、値段もそんなに変わらないし、できるなら実際に店頭で手に取って確かめるのが一番かと思います。

編み方は・・・

すんません!自分じゃ説明できないっす。
ので、こちらをご覧くださいませ。

すごく丁寧に説明してくれてます。
もう、この動画通りに作りました。
・・・が、かぎ針編みほぼ初級者のわたしは、角の編み方を理解するのに悪戦苦闘…💦

同じように初心者さんがいらっしゃったら、まず下の動画からご覧になるといいかと思います。

この2つの動画を繰り返し繰り返し見てから、実際に編み始めました。

出来上がりは・・・

い・・・いびつ・・・💦
でも、色の感じとか、質感、大きさとかは、理想通りに仕上がりました(๑ゝڡ◕๑)

滑り止め防止に

動画では、「裏に必ず滑り止めマットを敷いてね!」と言われていたので、
「このままでも結構重厚だし大丈夫やろう…」と一度はさぼりかけましたが、『必ず』言うてるし、従いました。

家に余っていたこのスベリ止めシートを、同じく余っていた手芸糸で縫い付けました。

多分、ちゃんとした縫い付け方とかあるんだろうけど、超適当に…💦
おぉっ!確かに!全然滑らない!!
それに心なしか、いびつさも若干補正されたような気もします…。

結論、滑り止めマットは、敷いた方が良い!です。

実際に玄関に敷いてみました

ジャストフィット!
良いじゃん!
何より助かるのが、Tシャツ素材だから洗えるということ。

あー、不器用だけど、編み物楽しい!!
気に入った柄のズパゲッティ見つけたら、もう一つ編んでみようと思います☆

 

余談:これまでの失敗談・・・

第1弾

「Tシャツヤーン,玄関マット」で調べると、検索結果で恐らく一番目にする作り方。短く切ったヤーンを、滑り止めマットに縛り付けてくというもの。
めっちゃくちゃ時間かかった…100均のTシャツヤーン12玉くらい使って、かなり苦労して作ったのですが…1段目作ったころから一抹の不安が…

これ、かわいいか…??

や、完成したらきっと驚きが待ってるんだ!と、思ってたんですが・・・
結果、感想。

ボロ雑巾みたい。

配色は一番気に入っていたので、とても残念でした・・・
後、破棄。

第2弾

自作のTシャツヤーンで、自己流で適当に滑り止めマットに編み込んでいったもの。
まぁまぁ良い感じにはできたと思うのですが、
問題は、
色・・・

いらないTシャツの中からシンプルな色味のものをチョイスしてヤーンを作ったのですが、1枚のTシャツからできるヤーンが、短くて・・・
結果、何ともいえない色味と柄になってしまった・・・
アイディアとしては気に入ってたのですが、
後、
破棄。

失敗から学んだ結論

Tシャツヤーン、大好きなんですが、
何か少し大きめのものを作るには、絶対、長い、出来合いのヤーンを買った方が良い。
だから、以前はちょっと“プチプラ”的な印象があったのですが、
今のわたしにとっては、普通の毛糸と一緒。
コストを安く抑えようって時のお助けアイテムでは、ないっす。

この記事のタグ:
1 Star 0
Loading...