D.I.Y.好きなサッカージャンキーによる、音楽から哲学まで思いついたことを何でもありで書きなぐる適当ブログ

Don't feel, Just think
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • RSS

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

Blog of the thinking people, by the thinkng people, for the thinking people!

【初心者によるPS4レビュー①】GOD OF WAR

更新日:2019.02.13 | 公開日:2019.02.13

ゲームなめてた・・・

正月に、念願だったPS4を手に入れまして、
以来、すっかりライフワークの一部となっております。

Playstationをプレイするのは、もはやPS2以来。下手したら、20年ぶりくらい。
それまでにWiiを購入して、Wii Fitや桃鉄なんかはやってたんですが(あと、スマホゲームとか)、
正直、一方ではここまでゲームというものが進化してるとは、全く想像すらしておりませんでした。。
もはや、ゲームはただの遊具ではなく、映画や文学等と並ぶ、芸術と言っても過言じゃないのではないでしょうか。
むしろ、自分がその世界に参加し、選択できるという点で、更に進化した体験とも言えるかもしれない。

ゲームは嫌いじゃないけど、そこまで詳しいわけでもないし、やり続けてきたわけでもない。
そんな初心者なわたしですが、ここまでどっぷりハマってしまったのは、出会ったソフトの順番が、自分の性に合っていたからかもしれません。

これからPS4を始めようという方、または、プレイしてみて、他の人がどんな感想を持っているのか知りたい方がいたら、ちょっとでも参考になればと思い、初心者ならではの切り口から(恐らく)、体験したソフトのレビューを書き留めていこうかなと思っております。

GOD OF WAR

 PS4デビューが、この作品でした。
相方がこのソフトを持ってきた時、ジャケを見て「え、こんなん趣味じゃないのに?」と不思議に思いました。
なんか、イメージだけで言うと、『いかにもゲーム!』『オタクが好きそう』って感じ。北欧神話も特に興味ないし、初心者には向いてなさそう・・・?と。
それでも「評価がやたらと高かったし、ほとんどのゲーマーさんが薦めてる」とのことだったので、「へぇ・・・」と、とりあえずで、初めてみました。

【おすすめポイント①】圧巻のグラフィック

起動した瞬間から、度肝を抜かれる・・・
まぁ、これだけゲームから離れていたのだから、ある程度映像はキレイになってるのだろうな、とは思っていたけど、
・・・ここまでとは。。
まず、肌の質感。
人間の肌でここまでなのだから、出てくるモンスターの象肌具合(笑)というか、実存感が、やばすぎる。え、これ、PIXAR??ってくらい。
ムービーだけじゃなく、そのクオリティーのキャラクターを、動かせちゃうんですよ。

ちなみに、クオリティに関しては、やはり日本よりも海外の物の方がはるかに高くて、その理由を調べてみたところ、以下のサイトが詳しかったです。

日本のゲームメーカーが海外と比べてPS3・Xbox360世代から出遅れてしまった理由はプログラマブルシェーダ? ゲーム機のシェア率事情も。

プログラマーという職業柄、これは、致命的かと思いました(WEBコーディングで言うなら、CSS3使わずにサイトにアニメーション効果を入れようとしてる感じかな)・・・もちろん諸説あるし、上記サイトで言われてることが原因ではないかもしれないけど(Witcher3なんて、制作費が98億とか聞いたし・・・)、クオリティーに差があるのは明らかだし、早いとこ、追いついて欲しくはあります。。エヴァとか、洋ゲーのクオリティーで出来たらめっちゃ楽しいだろうに・・・

【おすすめポイント②】ローディングが無い!!

そしてもう一つ、ゲームを始めた瞬間から驚いたのが、
ローディングが無い、ということ。

ムービーだとか移動中にロードをしているので、最初から最後まで、(CONTINUE時を除いて)全く待ち時間がないんです。
ゲームのタイトル画面から、『START』を押したら、そのままキャラクターが動き出すんですよ!!これには驚いた。
この配慮は、その世界に没頭するにおいて、めちゃデカい。

【おすすめポイント③】意外と簡単で爽快なバトル演出(スタン!!)

PSって、ボタンが多いじゃないですか。△〇×□と十字キーだけじゃなく、R1~R3、L1~L3、更には、真ん中にパッドまで増えてる・・・💦
ファミコン世代のわたしには、「こんな沢山のボタン、使いこなせるわけがない・・・」と不安でしかなかったのですが、なんか、意外と、簡単。
難易度はNORMALでやったのですが、基本、L1で防御しながらR1かR2を押してりゃいい。
んで、間合いが取れなければ、×でごろごろ回避し続けてたら、なんとかなる笑。

そんで、一番気持ち良いのが、
スタン!!

動画の最初、敵がピヨピヨして赤い丸が出た後に繰り出すのが、スタンってやつです。
き・・・気持ちいぃぃぃぃ~!!!
上の動画のは全然優しめな方で、もっとグロテスクな演出とかもあるんだけど、
グロいのに、相手バケモンだから、全然平気!!むしろ爽快!!
このスタンが決めたくて、そんなにゲーム上手でもないのに、わざわさ武器を使わず素手で攻撃して(打撃の方が、スタンが出しやすい)スタン待ちしてました。別にグロ好きって訳でもないのに!
R3を押し込むだけっていう、操作が簡単なのも最高でした。

ボス戦も、技術がいるってより、弱点を見つけてひたすらそこを攻撃するって感じで、時間はかかるけど、初心者にも優しかったです。

【おすすめポイント④】物語がわからなくても大丈夫・・・笑

これ、ネタバレではないと思うので言いますが、
このゲームの目的は、『母の遺灰を山から撒くこと』っていう、
こんなにバケモンとかいっぱい出てくるのに、なんともパーソナルなお話しなんです。

この作品は、PS2の頃からのシリーズもので、今作で4作目になるらしいのですが、
別に、以前の物語がわからなくても、全く問題ありませんでした。
どうやら、主人公は神でありながら神殺しをしてきた人のようなのですが、そんな回想とか「へぇー」って流しちゃっても問題なし。
途中から生首と一緒に旅をすることになるのですが(シュールよね)、その生首がずっとわけわからん話してるけど、半分以上聞き流してたけど、全く問題なし笑。

じゃぁ、ただバケモンを倒すだけの格ゲーみたいなもんなんか、って言ったら、それも違うんです。
不器用な主人公と思春期手前の息子の二人で旅をするのだけれど、だんだん、この二人の関係が、愛おしく思えてくるんです。
主人公も、「コメディーか!!」ってくらい不器用で口下手なんだけど、不思議とイライラしない(ゲラゲラ笑いはしましたが)。
息子も基本純粋でかわいいんだけど、だんだん、バトル中にめっちゃ使えるようになってきて、親父コロコロ逃げ回ってる間に、息子の弓だけでバトル勝てちゃうときもありました。息子ゲー。
そんな二人の関係を見守るのも、かなり楽しかったです。

以下ネタバレ(文字を選択して反転させて読んでください)

ただ、結末には、かなり拍子抜けしました。
「え!??マジで、遺灰撒くだけ!!??」って。
その直前に、「母は巨人でした」とか、「父、死ぬよー」とか、えらい布石を撒かれたのに、回収することなく、終わるなんて・・・
これはもう、続編出ますよってことでしかないじゃん。
まぁ、出たら1000%買うけどね。

でも、クリア後もやり込み要素が山ほどあって、全然満足。
戦闘もできる、日常系なんじゃないかって思ってます笑。

まとめ

クリアしたのは1ヶ月も前だけど、未だにちょこちょこクリア後のやり込みを続けてます。
比較対象は少ないけど、それ以来やった同様のゲームの中で、一番操作性がわかりやすくて、しかも爽快でした。
初心者がやってみて思う、初心者の人に是非やってほしい作品でした!!

この記事のタグ:
1 Star 0
Loading...